公開買付けに関する意見表明等

概要

 「公開買付けに関する意見表明等」は「その他の開示事項」と同様、バスケット条項に基づき、時事通信社が独自に設定している項目です。

 具体的には、公開買付けされることに対して賛同なのか、中立なのか、あるいは反対なのかといった公開買付けされる側の上場会社の反応が対象となるわけですが、賛同であれば実質的に経営統合に関して容認していると捉えることができ、それが完全子会社化を視野に入れた公開買付けであれば、当該会社の株式は流通しなくなる恐れが出てきます。中立はともかく、反対ということにでもなれば、「防戦買いの要請」に発展することなども想定されるため、こうした公開買付けされる側の意見は投資判断に重大な影響を及ぼすと考えられます。

軽微基準

 軽微基準は設けられていません。

<< 不明瞭な情報に関する事情説明公開買付け >>