主要株主の異動

概要

 主要株主とは、総株主等の議決権の10%以上を保有する株主を指します。議決権の10%以上を保有するということは、会社解散請求権を有するなど、当該企業の経営に大きく関与できるため、投資判断にも影響を及ぼすと考えられています。このため、「誰が主要株主になったのか」「誰が主要株主ではなくなったのか」についての情報は、重要事実となります。

 ただし、その保有形態が証券会社の引受業務など議決権行使を目的としないような場合は、重要事実の対象から除外されています。

軽微基準

 軽微基準は設けられていません。

<< 業務遂行の過程で生じた損害上場廃止の原因となる事実 >>