上場廃止の申請

概要

 上場廃止は株券の流通性を失うことから、上場廃止の申請に関する企業の決定そのものが投資判断に影響を与えるとして、すべてが重要事実になります。複数の金融商品取引所に上場している企業がその一部から撤退するといった場合も同様です。また、日本証券業協会に取扱の届出を行ったグリーンシート銘柄の指定取消申請も上場廃止と同義としてこの項目に包含されます。

 一方、企業が自ら上場廃止を決定したのとは別に、外部要因などにより上場廃止せざるを得ない状況が生じた際は、「上場廃止の原因となる事実」の項目で重要事実として扱われます。

軽微基準

 軽微基準は設けられていません。

<< 事業の休廃止破産、再生手続開始等の申立て >>