株式移転

概要

 株式交換と同様に企業再編の手法として用いられますが、株式移転は完全親会社を新設することを目的とします。つまり、自らが完全子会社になることを意味し、株主も新設される完全親会社の株式を手にすることになります。これまでの株式は流通しなくなるので、投資判断への影響は重大です。

 株式移転は当該企業が単独で完全親会社となる持株会社を設立するケースと、経営統合の手段として複数社で親会社を設立するケースなど形態は様々です。影響も多様に考えられることから、株式移転に関する決定は例外なく重要事実となります。

株式移転

軽微基準

 軽微基準は設けられていません。

<< 株式交換合併 >>