株式交換

概要

 株式交換は企業再編のための1つの手法です。簡単に言うと、A社がB社を完全子会社(100%子会社)にする際、B社株主の手元にある株券をA社が自社の株券と交換することです。当然、完全子会社となるB社株式は流通しなくなるため、B社側の「株式交換」をするとの決定は重要事実となります。

 一方、A社は子会社にするB社の企業規模によって、その影響が異なるものと判断されます。重要事実から除外されるケースは、

  1. B社の売上高と総資産がA社の売上高と純資産に比べ、それぞれ10%、30%未満の場合
  2. B社がもともと子会社でそれを完全子会社にする場合

-です。

株式交換

軽微基準

株式交換によって子会社になる場合
軽微基準は設けられていません。
株式交換によって親会社になる場合
 次の①又は②のいずれかに該当すること。
① 完全子会社となる会社の最近事業年度末の総資産額が、親会社となる会社の純資産額に比べて30%未満であり、完全子会社となる会社の最近事業年度の売上高が、親会社となる会社の売上高に比べて10%未満であること。
② 子会社との株式交換。

<< 配当異動株式移転 >>