キョーリン製薬HD、24.09%の自社株買い【2018.09.26】

 キョーリン製薬HD[4569]は26日、発行済み株式総数の24.09%に相当する1800万株(上限)の自社株買いを実施すると発表した。27日の午前8時45分の東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT―3)で実施する。取得総額は443億5200万円。

 資本効率の向上と経営環境の変化に応じた機動的な資本政策を遂行するのが理由。同社が自社株買いを実施するのは、2006年3月10日にホールディングカンパニーとなってから初めてで、19.11%を保有する筆頭株主の帝人[3401]が全株式を売却する予定。

 自己株式の取得は、市場の需給バランスの変化から株価に影響を与えるため、定款により取得枠を設定する場合、市場取引や公開買い付けといった具体的な取得方法の決定など、すべてが重要事実に該当する。(了)