エイチアンドエフ、日立造船による株式売渡請求を承認【2016.12.27】

 エイチアンドエフ[6163]は27日、特別支配株主の日立造船[7004]による株式売渡請求を承認したと発表した。日立造船によるエイチアンドエフ株式の取得日は2017年2月2日、取得価格は1株2125円。

 特別支配株主による株式等売渡請求は、議決権の90%超を保有する株主が他の株主全員に対し、その保有する株式の全部を売り渡すことを請求できる制度で、2015年5月施行の改正会社法で認められた。日立造船は、11月7日から12月9日までに実施したTOB(株式公開買い付け)によりエイチアンドエフ株式の97.93%を保有する特別支配株主となっており、今回の売渡請求によってエイチアンドエフは同社の完全子会社となる。このため、東証はエイチアンドエフを27日から2017年1月29日まで整理銘柄に指定した上で、翌30日付で上場廃止にする。

 特別支配株主からの株式等売渡請求はすべてがインサイダー取引規制の対象となる。(了)